ラフターヨガ(笑いヨガ)プロフェッショナルへの道

2014わらプロ道サイトロゴ.png

  • 2017年度の開催は中止となりました。        

昨年のわらプロ道の様子(動画)


⇒動画を見る(約4分間)

講師紹介


山口 考子 社団代表理事  
【Dr.カタリアが掲げるラフターヨガ(笑いヨガ)の内なる精神とアマゾンなすこの部屋担当】

癌をラフターヨガ(笑いヨガ)で克服した国際的なラフターヨガ・マスタートレーナー、アンバサダー&ティーチャー。
年間130回の講演をこなし、5000人以上を指導。世界各地で開催される
Dr.カタリアのティーチャー養成講座の受講は実に18回を数える。
2012年日本人初のマスター・トレーナーに認定


Matsuura Naoko.JPG
平 早苗 社団監事  【ヨガ総論、ヨガニドラの基本担当】

ハタヨガの講師として、山形県内でヨガ教室を主宰
その他各種イベントのニーズに合わせての出張講座開催
日本の風土に合った、日本人らしいヨガを探求
近年注目されている、ヨガニドラのセラピストとして わかりやすくヨガニドラの極意をお伝えします
ラフターヨガ・ティーチャー&アンバサダー


画像7 杉本.jpg
杉本 あきほ 社団常務理事 
【「こころの元氣」をテーマにしたラフターヨガの伝え方を学ぼう担当】

                   
『笑うメンタルトレーナー」として、主に企業等でラフターヨガを取り入れた研修や、「ラフターヨガの日常での活かし方」をビジネスパーソンやラフターヨガ指導者に広めている。専門はコミュニケーションストレスマネジメント講師。

共笑(トモエ)コミュニケーション代表
        Smile Business Communication推進協会 代表
           日本初の空気改善士
        ラフターヨガ・ティーチャー&アンバサダー


大川さん.jpg
大川 実音吏 社団常務理事 【どんどんリードが上手くなるラフターヨガ実践編担当】

幸せを呼ぶ話し方講師であり、また幸せ呼ぶ音色のアルパ奏者としても活躍。
オオカワミュージックオフィス代表
FMラジオ パーソナリティ
ラフターヨガ・ティーチャー&アンバサダー


声_よしじ.png
吉井 雅彦  社団専務理事
【健康運動法としてのラフターヨガを掘り下げます講座担当】


あらゆる体操に精通したボティーワークの専門家。
有限会社 快 代表取締役 快フィットネス研究所 所長
健康運動指導士、楊名時太極拳師範
ラフターヨガ・ティーチャー&アンバサダー


声_よしじ.png
齋藤 邦彦  社団常務理事 
 【「リーダー」に求められる「リーダーシップ」について考えよう講座担当】


怖いもの見たさで受講したリーダー養成講座、その講師「アマゾンなす子」師の薫陶を受け、笑いの持つパワーに目覚める。
現在、雇われの身ながら、地域の健康づくり等へのラフターヨガ出前講座で、年休をほぼ完全に消化。

みやぎのラフタークラブ、榴岡公園で笑う会主宰
ラフターヨガ・ティーチャー&アンバサダー


これまでの参加者の声




声_エコポン.png「本格ヨガの知識が自信に繋がった」

 私の「わらプロ道」参加の成果は、「行動力」「自信」「夫との二人三脚」の3つ。最初は同じ参加のグループの人達が、みな都会的で素晴らしく見え、最初は場違いだったかもと気遅れもありましたが、一つひとつの学びが深く、多くの実践もあり確実に身に付いていきました。特に正統なヨガについての知識や体験が、確固たる「自信」に繋がったと思います。参加した当時は、なにもかも初めてでしたが、今では出前講座も60回を数え、今年は海外(バリ島、ベトナム)でリーダー講座も開催予定です。夫と「夢のラフターハウス」を開く夢も、2014年に現実化しました!

斉藤栄子さん(エコポン)
宮城県名取市在住 名取ラフタークラブ代表
1期生/2010年

ヨッシー.jpg「多くの気づきから成長を感じた」

 「わらプロ道」に参加して多くの気づきを頂きました。講師の専門的な知識や内容の濃さが、私自身の目線からは、得られないであろう感覚、感性を感じとる事ができたのは最高に良かった。どうしても他の人の真似の多い私でしたが、他を真似ずに自身でオリジナリティあふれたものを求めていこう!という意識が大変高まりました。高いレベルで続けていく自信がつきました。なんといっても、講師の方々のお人柄、暖かさ、雰囲気、最高に居心地の良い中での研修はあっという間でした。最近感じるのは、やはり専門的な事を学んだという事で自分に自信がつきました。専門的内容を提供されて学ぶ事により、欲が出て、自分でも何か探してみようという意識が高くなり、本を随分読むようになりました。必死に左脳を使って学んだ事を右脳に移行し、理屈ではなく、感覚で提供することができているように思います。

加藤よしえさん(ヨッシー)
東京都府中市 東京府中ラフターヨガクラブ代表
2期生/2011年

みさちゃん.jpg「かけがえなのない宝を得ました」

 「わらプロ道」は、幅広い内容で様々な角度から学ぶことができ、とても充実した6日間でした。特に、身体の仕組みや呼吸法、苦手だったジブリッシュを深く学べたことで、自信を持ってリードできるようになりました。そして、全国のラフター仲間と繋がり、絆が深まったことは、かけがえのない宝です。 企画して下さったスタッフの皆様には、心から感謝しています。ありがとうございました。

山森操子さん(みさちゃん)
愛知県岡崎市 ラブリーおかざき笑いクラブ
3期生/2012年


DSC05588_4.JPG「もっとラフターヨガの価値を伝えたい!」

私自身がラフターヨガ(笑いヨガ)の講師依頼を頂くようになって、もっとラフターヨガ(笑いヨガ)の価値を伝えるために自分のレベルを上げたいと思ったのが、「わらプロ道」への参加動機でした。講座での情報やスキルはもちろん、各回の講師のユニークでホスピタリティ(思いやり)豊かな人柄が印象的でした。私のホスピタリティも向上し満足しています。自信もつきました!それと本講座の講師陣は、同じラフターヨガ(笑いヨガ)の仲間であり、講師との距離感が近いのも良かったです。 私は、様々な生きづらさを抱える子ども若者を対象に、笑いヨガ実践の可能性を模索しています。どんなに絶望的な状況でも「笑うことができる」ということは、希望につながると考えるからです。私はそんなラフターヨガ(笑いヨガ)が大好きです。もっと子ども若者分野にラフターヨガ(笑いヨガ)の魅力を伝えていきたいと思っています。 全国各地の個性豊かなラフターヨガ(笑いヨガ)の仲間に出会えたことにも感謝しています。

西垣裕里さん(ゆりりん)
愛知県名古屋市 ラフタークラブゆりりん代表
4期生/2013年


Wakasugi Mikiko.jpg「痒いところに手が届く講座でした!」

ラフターヨガ(笑いヨガ)を広めていきたい!と思っている私には6つの分野に分かれ各分野を深める事ができるわらプロ道は、正に痒いところに手が届く、行き届いた講座でした。テーマ別に学ぶ事にとても意味があり、“ただ、笑う、取り敢えず、笑う”という簡単な事、それを伝える難しさを思い巡らせていた時にこの講座を受ける機会を得、糸を解して行くように学んでいくことができました。人は笑うという素晴らしい武器を持っている。笑えなくても、笑いのシャワーを浴びることができる。そんな思いを、隣にいるあなたへ伝えることが、わらプロ道を終えた今、自信をもってお伝えしていける気がしています。

若杉美起子さん(みっこちゃん)
愛知県尾張旭市 にっこりんご倶楽部 代表
5期生/2014年



shoukai1.png




laughteryoganet_hp_logo.png

Copyright 2017 Laughter Yoga Net. All Rights Reserved.